MENU

ニュース

News Release

NEWS RELEASE

ニュース

アンジェス社と大阪大学と共同で進めている新型コロナウイルス(COVID-19)向けペプチド技術を用いた次世代ワクチン共同開発にフューチャー社が参画

 株式会社ファンペップ(以下ファンペップ社)は、2020年4月8日に発表したとおり、大阪大学とアンジェス株式会社(以下アンジェス社)との間で、新型コロナウイルス向けDNAワクチンの次世代ワクチンの開発を開始いたしました。この開発にAI(人工知能)を活用したコンサルティングサービスを提供するフューチャー株式会社(以下フューチャー社)が参画することが決定いたしましたのでご報告いたします。

以下詳細につきましてはこちらのリンクをご覧ください。

アンジェスと大阪大学が手掛ける新型コロナウイルス(COVID-19)向けDNAワクチン共同開発にペプチド技術を用いた次世代ワクチン開発に向けてファンペップが参画

 大阪大学発スタートアップ企業である株式会社ファンペップ(以下ファンペップ社)は、新たにペプチド技術を用いた次世代ワクチン開発に向けて、大阪大学とアンジェス株式会社(以下アンジェス社)の新型コロナウイルス向けDNAワクチンの共同開発に参画致しますのでご報告いたします。ファンペップ社は、独自のアジュバントを活用したペプチド技術を用いたワクチン開発を進めており、既に海外で臨床治験を実施しています。ファンペップ社のペプチド技術を用いることにより、抗体産生力が高く、より有効性の高い次世代ワクチンの開発を目指します。大阪大学とアンジェス社が現在開発を進めているワクチンに加えて、抗体産生力向上が期待されるため、ワクチンの投与量・回数の減少、より強力な感染予防効果や重症化が抑えられるなどの臨床的なメリットが期待されます。

以下詳細につきましてはこちらのリンクをご覧ください。

フューチャー、大阪大学、ファンペップの共著論文が第60回バイオ情報学研究会にて「SIGBIO優秀プレゼンテーション賞」を受賞

 フューチャー株式会社(東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO:金丸恭文、以下フューチャー)、国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科(大阪府吹田市、総長:西尾章治郎、以下大阪大学)、株式会社ファンペップ(大阪府茨木市、代表取締役社長:三好稔美、以下ファンペップ)の共著論文『注意機構付きLSTMを用いた抗原タンパク質のエピトープ領域予測』が、第60回バイオ情報学研究会(一般社団法人情報処理学会主催、2019年12月)の「SIGBIO優秀プレゼンテーション賞」を受賞しました。

以下詳細につきましてはこちらのリンクをご覧ください。

Translate »