経営ビジョン

Vision

Message from Leader

社長メッセージ

 「諸行無常」という言葉には、世は移り行くもので儚いというよく使われる意味に加えて、実は、河の流れのように滔々と常に進み進化して止まないという意味もあり、むしろこちらの方が大事なのではないか、と思います。人も、世も、技術も絶えず進化して止まず、人の一生を超え、大きく流れていきます。私のこれまでの人生の中でも、コーエン・ボイヤーの遺伝子組換え技術の誕生、ヒトゲノム計画、ショットガン解析とESTs、iPS細胞の発明というように様々な発明やエポックが生まれ、その時代の中で興奮を共にして参りました。特に、ヒトゲノム計画が遂行されていた際には実際にウェットラボで遺伝子のクローニングと機能解析を自ら行いましたし、ESTsが議論を巻き起こしている際には弁護士・弁理士として特許権の権利範囲に思いを巡らし、また、iPS細胞が見出されてからはこれを活用したベンチャー企業の成長と上場に関与して参りました。

 昨今、核酸関係や抗体関係の技術も更なる展開があり、素晴らしい発展を見せておりますが、今般出会ったペプチドに関する技術も、様々な形で人の世に貢献できるポテンシャルを秘めているものと思われます。ペプチド(短いタンパク質)は、生体内にも存在し、様々な機能を果たしている技術的な拡がりのある物質で、健康の維持と疾病の克服に重要な役割を演じています。今回ご一緒させていただく素晴らしいチームメンバーと共に、この技術をインキュベートし発展させ、患者様、株主の皆様を含む様々なステークホルダーの方々と共に更なる驚きと喜びを味わいたいと思います。そして、望むべくは、この会社が冒頭に述べました諸行無常のように、永く発展する大きな河の流れの一つとなることを期待いたします。

 そして、今後、高齢化社会を迎え大きく変化するであろう医薬品・医療機器業界において、ベンチャーならではのダイナミズムで、社会に貢献する会社を目指したいと思います。

Relate contents

関連コンテンツ一覧