パイプライン

Pipeline

Skin ulcer treatment medicine

SR-0379/皮膚潰瘍治療剤

起源

 大阪大学大学院医学系研究科での研究から、血管新生活性と抗菌活性を有する新規ペプチドAG30が発見されました 。その後、両活性の増強を目指し、アミノ酸を置換することによって新しいペプチド(AG30/5C)が得られました 。さらに、AG30/5Cの代謝的安定性の検討の結果、安定性が高く製造コストが安く抑えられるSR-0379を創製し、これを実用化の対象としました 。SR-0379は長年の研究から生み出された機能性ペプチドです。

プロフィール

 SR-0379は、細胞増殖作用、管腔形成作用などを示す機能性ペプチドです。SR-0379の二次構造は、アルファへリックス構造を示し、プラスに荷電しているペプチドと疎水性部位が偏在し、抗菌ペプチドといわれるペプチドと同じ特徴を示しております。SR-0379は、抗菌ペプチドと同様、細菌や真菌の細胞膜を破壊することによって抗菌作用を示します。現在、難治性皮膚潰瘍を対象疾患として、医薬品としての開発を進めております。

SR-0379の創傷治療作用

Relate contents

関連コンテンツ一覧