ビジネスモデル

Business models

Core competence

コアコンピタンス

 大阪大学大学院医学系研究科と共同で、機能性ペプチドのデザイン、創製、最適化の技術を確立し、この技術プラットフォームから複数の開発候補品を創出します。

 当社の開発部門は、これらの開発候補品を、医薬品だけでなく、広く医療機器、化粧品等の領域での開発可能性も見据えながら、トータルでの開発戦略を立案します。すでに開発品創出プラットフォームが確立していることは、競合相手の追従を許さない当社独自の強みを意味し、複数の商品を複数の市場で展開する可能性が広がっています。さらに、当社の開発候補品のプロファイルはユニークなもので、実際の医療現場で直面している課題を克服できると考えられます。

 当社は大学医学部と緊密な関係を保ち、医療現場の生の声が届きやすい環境を生かして、開発品には、ターゲット・プロダクト・プロファイル(TPP) を精緻に組み上げるプロセスを重視しています。医療現場を念頭においた新薬創出を目標に、TPPを目指した開発戦略を立案し、整然と開発を進めることが私たちのミッションの一つです。

Relate contents

関連コンテンツ一覧